2PS 脱毛

結局のところ無理ですよ

家庭用脱毛器を使って脱毛するか、それとも脱毛サロンに通って脱毛するか、この2つで迷っている人へ結論から申し上げます。

家庭用脱毛器じゃないと無理ですよ

理由を説明します



当サイトをご覧になって頂いているということはこのサイトのタイトルにもありますように家庭用脱毛器を検討しているけど脱毛サロンにするかもしれないので迷っているという人が多いのではないでしょうか。
でも迷う気持ちも分かります。これだけ脱毛サロンが数多く存在し、どこのサロンも一年中キャンペーンを打ち出しています。
料金プランも次々に新しいものが出てきて一体どこのサロンが自分に合っているのか見極めることが難しくなってきています。
こういう状況の中にいるこそしっかりとした考え方を持つことが大切になります。
脱毛サロンの宣伝や家庭用脱毛器の広告に踊らされるのではなく、しっかりとした自分自信の考え方を持って進めていかないと後で後悔することになるかもしれません。
当サイトでは家庭用脱毛器を全面的にオススメはしますが、これにはしっかりとした根拠があっての話です。その根拠を詳しく解説していきますので、脱毛初心者の人は一つの考え方を頭に入れるつもりで聞いて下さい。

脱毛人口増加中の影で衝撃の事実

まず最初にこの事実を知っていただきたいと思います
近年脱毛サロンの急増に伴い脱毛人口も激増しています。みなさんの周囲にも脱毛サロンに通っている人を見つけるのに苦労はしないと思います。一昔前なら脱毛サロンに通う人って本当にいるの? という時代でした。でも状況は急激に変化しました。ここ数年で脱毛は一気に一般化して、今や美容室に通うくらいの手軽さになって来ています。脱毛業界は大いに盛り上がってそれはそれでいいことです。しかしここからが大切なポイントになります。脱毛サロンを利用する人が急増中の中、その逆に脱毛サロンでの脱毛を途中で挫折してしまう人が後を絶たないのです。

このようなネガティブな話はなかなか表には出てこないのですが、これは紛れもない事実です。意外と思われる人もいると思います。だってそうですよね。ムダ毛処理は誰にとっても煩わしいものです。夏に海に遊びに行こうものならその前日は夜な夜なムダ毛の処理に終われます。それにより寝不足のまま海に繰り出した経験のある人も多いのではないでしょうか?(笑)
ムダ毛処理とはそれくらい時間も手間もかかるものです。それなのに脱毛サロンに通うことを途中でやめてしまうなんてどうして?
こう思いますよね。でもこれには深い理由が隠されているのです。

思わず同情してしまうくらいの負担

脱毛サロン通いを途中で挫折した人も、もちろん脱毛したくてサロンに通い出したわけです。でもやめてしまった。これには次のような理由があります。
ご存知の通り、今脱毛サロンは大人気なのでなかなか予約を取ることができません。
土日祝日の予約になると数ヵ月先まで予約が埋まっていることは珍しいことではありません。そのような状況の中何とか予約を取って通うわけですが、予約が取れたからと行って施術ができるというわけではありません。予約をした日にちゃんと通おうとすれば、そこに自分の予定を入れることはできません。しかし急に用事が入ることもありえます。その場合は用事をキャンセルするか、一回分の脱毛施術をムダに使うか、という話になります。
また予約日が近づいて来ると体調管理もしっかりとおこなわないといけません。
前もって残業を断っておく必要も出てきたり、時には有給をとってまでサロンにいくことになるかもしれませんよね。

このように脱毛サロンに通う場合は全て予約の日に合わせる必要があるのです。
何とか予約を取って、自分のスケジュールを開けて、体調を整えて、直前にはムダ毛の処理にも気を使い、そして人によっては生理にならないように祈ってみたり、また生理になってしまい脱毛箇所を減らしたりすることもあるでしょう。とにかく予約日に合わせて様々なことを調整していかないといけないのです。

それでも目に見えて脱毛効果が分かるのであればモチベーションも続くと思います。でもサロン脱毛の場合、徐々にムダ毛が減っていくので1回1回の施術でその効果を実感するのは難しいと思います。だから脱毛を開始した当初のような高い水準でモチベーションを維持するのは至難のワザです。
しかも予約日に合わせたこれらの調整を多い人で月に1回、コースによっては月に2回もすることになります。
経験した人でないと大変さはなかなか分からないのですが、予約に合わせて様々なことを調整することはかなりの負担になります

一度下がればそれで終わりです

そのような調整をしつつ頑張ってサロンに通っていても、効果がなかなか出なかったり、何かやむを得ない事情でキャンセルをしてしまうと、その後はズルズルと下って行ってしまいます。一度下ってしまうとそこからもう一度元の場所に戻ることはほぼできません。
それで最終的には脱毛を諦めてしまうのです。諦めた本人が悪いという人もいるでしょう。確かにそうかもしれません。でも大変さを考えればなかなか責め立てることもできません。何かを続けるということはそれくらい難しいということなのです。

ですので脱毛サロンを選ぶ時はどこのサロンにすれば一番安く脱毛できるかを考えるのではなく、どこのサロンであれば長く通うことができるか。ここをしっかり考えておかないと必ず失敗します。料金もさることながら、サロンの場所、通う頻度やコース設定など総合的に判断してとにかく続けることを念頭に置いて脱毛サロンは選ばないといけません。

実は家庭用脱毛器にも衝撃の事実が!?

ここまでサロン脱毛の盲点とも言えるポイントをお話してきました。
では家庭用脱毛器はどうでしょうか?家庭用脱毛器はその性格からサロンのデメリットを全てカバーできていると言えます。いつでも、どこでも好きな時間に脱毛施術をすることが可能ですし、脱毛器の価格もサロンに比べる事を考えるとリーズナブルです。そしてその効果ですが、サロンの業務用の脱毛マシンに比べると出力は下げてさるものの、脱毛理論や脱毛方法はサロンと同じ仕組みの家庭用脱毛器も存在します。ですので脱毛効果自体は人によりけりだと思いますが、思った程差は出ないのではないでしょうか。

では家庭用脱毛器にはデメリットをないのかと言うとやはり家庭用は家庭用ならではのデメリットというものが存在します。そのデメリットの大部分を占めるのが意外も意外、脱毛を諦めてしまうということなのです。あれ?脱毛を諦めてしまう人はサロン脱毛の方じゃないの?
そうなんです。サロン脱毛も挫折していく人が増えていますが、実は家庭用でも同じ事が言えるのです。
どういうことかと言いますと、家庭用の場合はサロンを挫折してしまった人みたいに深い事情はありません。単純に、面倒になった・・・これだけです(笑)
先ほども申し上げましたが家庭用脱毛器はいつでもどこでも好きな時に脱毛ができます。全て自分で決めることができます。今日がダメなら明日行えばいいことですし、明日がダメなら週末の時間がある時で構いません。全て自由です。
でも問題は正にそこなのです。誰も管理してくれないので自分でやるしかありません。すると自然といつでもできるから今日はいいや・・・・となってきます。それを毎日のように繰り返すわけです。そしてその繰り返しで行き着く結果は・・・?
もうお分かりですね。その結果、脱毛を諦めてしまうということです。
いつでも脱毛できるという家庭用脱毛器最大のメリットが逆に最大のリスクになってしまうのです。
そしてせっかく購入した脱毛器もクローゼットの奥やベッドの下に追いやられていき、ついには存在自体も忘れてしまうのです。
同じ脱毛を諦めたにしてもサロンを諦めた人と家庭用脱毛器を諦めた人とでは事情も状況もまるで違うことがわかると思います。

それでも家庭用脱毛器をオススメします

家庭用脱毛器にもリスクがあることを理解して頂きましたが、当サイトはそれでも家庭用脱毛器を選んだ方がいいと考えます。
やはり好きな時にできるという時間の自由は何事にも代え難いメリットだと思います。
そしてサロンの場合は予約や脱毛部位、施術時間、など自分ではどうすることもできない要因が沢山あります。特に予約に関しては重要です。はっきり言って予約がとれないサロンはまったく意味をなしません。通っていないのと全く同じことです。そのようなサロンはできるだけ早く辞めてしまうべきだと思います。その点、家庭用脱毛器の場合は自分で管理することができます。ご自分がやるかやらないか。ただそれだけです。サロンの予約みたいに誰かに合わせる必要もなく全て自分です。管理さえ自分でできれば家庭用脱毛器の方が遥かにメリットがあります。

これらを含めてトータルで考えてみても最初の段階では家庭用脱毛器の方がいいのではないでしょうか。
しかし自分でコツコツやっていくことが苦手という人が家庭用脱毛器で脱毛するのはやっぱり難しいと思いますので、脱毛サロンに通う方がいいのかもしれません。ただ、だからと言って脱毛が成功するというわけではありません。

ツーピーエス(2PS)は家庭用脱毛器の中でも最高峰

脱毛サロン、家庭用脱毛器の双方のメリット、デメリットは分かった。でも気になるのはやっぱり脱毛マシンの能力の差が気になるという人もいると思います。
そのような人の為にここでは家庭用脱毛器ツーピーエス(2PS)をご紹介します。

多くの脱毛サロンで導入されているのはIPL脱毛マシンというものです。熱の力で細胞を壊していくといった脱毛方法です。ツーピーエス(2PS)はこれと同じ方式を採用しています。
家庭用に作ってあるため小型化されていて皮膚に当てる面積はサロンの大型脱毛マシンに比べて小さいですが、脱毛方式は同じものになります。ですので脱毛効果もほとんど変わらないでしょう。しかし小さい分、小回りが効くのでVIOのようなデリケートな部分でも比較的簡単に施術することができます。もし難点があるとすれば背中などの自分では手の届かない場所の施術は家族の人や友人にやってもらうしかないと思います。こればかりは仕方がありません。

またツーピーエス(2PS)は脱毛サロン経験者に人気がある家庭用脱毛器でもあります。
サロン経験者ということは脱毛サロンの業務用の脱毛マシンの効果を肌で感じた経験がある人です。その人たちが効果を認めている脱毛器ということになるので、先程も申し上げましたが脱毛効果はほとんど差はないと考えていいと思います。とにかく後は自分がやるかどうか。それだけですね。
ツーピーエス(2PS)脱毛器については公式サイトで詳しく解説してくれていますので、家庭用脱毛器に興味を持たれた人は是非公式サイトを確認してみて下さい




 

サイトマップ

メーカー別特徴